鳥栖オフィス:0942-81-3420

東京オフィス:0422-38-7228

今週のご挨拶

 | 

おはようございます。 NITの福地でございます。
今年は、去年より早くスギ花粉が飛散しだしたそうで、既に私の鼻や目も敏感に反応しています。
毎年、花粉症に効く、というものを片っ端から試しては効果が得られずにおりますが、そんな中、日本医科大学の大久保公裕教授が取り組んでおられる、舌下免疫療法というものを知りました。 免疫療法とは、アレルギーの原因となるアレルゲンを少量から投与して徐々にその量を増やし、過剰反応を低下させるというもので、これまでの根治療法としては、 皮下注射によるアレルゲン免疫療法などで煩わしいものでしたが、今は錠剤を飲み続けるだけで約8割の患者さんの症状が治まっているということです。 私のようにスギ花粉でお悩みの方は、お近くの耳鼻科で免疫療法を取り入れているか、お尋ねになるのも1つの手段かもしれませんね。
今週も実り多き1週間でありますように。