東京事業所    :0422-38-7228

佐賀事業所(本社):0942-81-3420

今週のご挨拶

 | 
おはようございます。
NITの福地でございます。
 
「セミは地上に出てから1週間程度しか生きられない」というのは俗説で、実はそれより長く、1カ月前後地上で生きている種類もいる事を、岡山県の高校3年生植松蒼さんが独自の野外調査で証明、学会で報告し、高校生の部(動物分野)で最優秀賞を受賞しました。
 
捕まえたセミの羽に油性ペンで番号をマーキングして放し、後日、再捕獲を試みるという手法でアブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミの3種で10日以上の生存を確認。
 
最長生存確認記録はアブラゼミが32日間、ツクツクボウシが26日間、クマゼミが15日間だったそうです。
 
植松さんは小学1年生のころから虫に興味を持ち、そもそもセミの死骸を夏の間に見かけることが少ないのはなぜかと短命説に疑問を持ったことがこの研究を始めるきっかけになったようです。
 
素晴らしい研究をまとめた彼に敬意を表すると共に、当たり前、常識と思われていることの中に隠れているかもしれない新しい事実を見つけられるよう、彼のような新鮮な目としなやかな思考力で、私も仕事に取り組みたいと感じました。
 
セミが1ヶ月も生きるとは、本当に驚きであり、我々の業界にも当たり前と思っている事が多々ありますが、それに疑問を持つ事で新たなビジネスチャンスを作り出す鍵になるのかもしれないと敬服しました。
 
今週も実り多き1週間でありますように。