東京事業所    :0422-38-7228

佐賀事業所(本社):0942-81-3420

今週のご挨拶

 | 
おはようございます。
NITの福地でございます。
 
この話、ダイエットを心がけておられる方にはとても興味深い話ではないでしょうか。
 
皮膚表皮の細胞から分泌されるたんぱく質が、肥満に関係する細胞の分化をコントロールする仕組みを、神戸大学の研究グループが解明したそうです。
このグループはマウスを使った実験などで、表皮の角化細胞からたんぱく質のBMP2とFGF21が同時に分泌されると、皮下組織の脂肪細胞のうち、肥満につながる白色脂肪細胞への分化が促進され、抗肥満作用を持つ褐色脂肪細胞への分化が抑制されることを発見し、BMP2を抑制すれば、白色脂肪細胞を減少させ、褐色脂肪細胞を増やすことができることをつきとめたということです。
「将来的には、皮膚に塗るクリーム剤などで脂肪細胞の量を調節し、肥満を抑えられる可能性もある」としています。
 
お腹周りが毎年年輪のように成長している私も、“塗るだけで脂肪がへる”この夢のクリームの実現を願っている1人。
店頭に並んだあかつきには、こっそり使ってみたいと思っております。
 
今週も実り多き1週間でありますように。